3年商業科 課題研究発表会

3年生の授業が最終日となった2月2日(金)、3年商業科では恒例行事となっている課題研究発表会が行われました。

本年度は6班の発表があり、最優秀賞には「商品開発で小矢部市の活性化に繋げよう」というテーマで発表した7名が選ばれました。地元のお店とコラボして生キャラメルを作製し、小矢部市のPRに繋げようという内容でした。
その他、地元農産物を材料としたB級グルメをテーマで発表した班は、小矢部市の商工会や飲食店の協力の下、生春巻きで巻いたビビンバを作成したりと、地元の活性化を考えた発表が目立ちました。

発表を聞いていた1・2年生の商業科生徒は、研究内容だけでなく、プレゼンテーションの面白さに対しても大きな拍手で応えていました。