○学校における感染症の発症時について

学校における感染症の発症時には、学校保健安全法第19条の規定により、医師の許可があるまで登校できないことになっています。

登校に際しては、医師の許可証明書(=『学校における感染症ついて(通知)』の2ページ目)が必要ですので、下記のファイルをダウンロード、印刷をして病院へ持参、医師に記入してもらい、治癒後に担任まで提出してください。

なお、この期間は欠席扱いになりませんので、十分治療、休養し、感染の恐れがなくなってから登校するようにお願いします。

※該当する感染症の主な例…インフルエンザ、流行性胃腸炎、おたふく風邪、風疹など
 (その他の感染症など、詳しくは、下記の『学校における感染症について(通知)』の1ページ目でご確認下さい)

・学校における感染症について(通知)